コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

【香川・小豆島】素敵な旅館満喫と、島を観光をしてきた(前半)

おでかけ おでかけ-香川
SPONSORED LINK

今年の冬に友達が素敵すぎる小豆島の写真を送ってきました

詳細を聞いて別の友達をさっそく誘ってみたら、すぐに行くと言ってくれました

突発的に小豆島旅行旅行を決める

素敵すぎる旅館を知って突発的に予約をしたのが今年の冬でした。勢いって大事ですね…。あまり自分で計画して旅行なんてしたことないので、この勢いでもなかったら行かなかったと思います。ついてきてくれた友達には本当に感謝!

出落ち的スタートダッシュ

小豆島のアクセスはフェリーしかありません。大阪駅で待ち合わせて三宮港からの出発の予定です。

あれ?終点?網干ってどこ?話に夢中になりすぎたね

大阪から出発して三ノ宮に行きたかったのに大幅に乗り過ごして網干に到着した

無茶苦茶に乗り過ごした!

なんかなかなか着かないな~とは思ってたんですよ…

あー…三宮に戻るのに1時間くらいかかる…今から間に合う便の到着は夜中…

もう神戸で遊んで帰ろうかと早々に諦めた

特技:3秒で諦める

基本的に根性がない…。スタートダッシュでつまづいて早々に諦めかけましたが、旅館の方に連絡して、姫路港経路の行き方を聞いてなんとか到着しました。

まさかこんなに早く再び姫路城を見ることになると思ってませんでした! 

www.ohg.jp

外に出たくない!!素敵すぎる小豆島の旅館「真里」

小豆島の旅館・真里の外観

チェックインしたら周辺を散策しようと思ったのにチェックイン後は宿が素敵すぎて外にでたくなくなりました

小豆島の旅館「真里」の素敵すぎる内装

味わう、もろみの島宿。日本料理 mari「真里」

内装が素敵なのはもちろんですが(友達と2人そろってめちゃくちゃ撮影会した)旅館の方の接客もとても丁寧でした。本当、到着遅れてご迷惑おかけしました…。以下、私の撮影した写真ですが、写真下手すぎるのでぜひ公式ページに飛んでみてください。素敵さが伝わらないつらい…。

小豆島の旅館・真里の広間

到着してまず広間で出してもらったおかし♥小さいのがたくさんで楽しい!どれもおいしい!!

小豆島の旅館・真里の「もの間」

「もの間」に宿泊しました。

小豆島の旅館・真里の「もの間」内装

築80年の建物を改装して使っているそうです。

小豆島の旅館・真里の「もの間」内風呂

お風呂に日本酒が1本「入浴剤として」備え付けていました。1本丸ごと使ってお風呂に入ってくださいとの事…2日目の朝に入りましたが贅沢でした!

小豆島の旅館・真里の「もの間」テラス

テラスもついてた!ちょっと天気がこの時そんなによくなくて、あまり使えませんでしたが…。

瀬戸内の新鮮な食材と伝統の醤油のコラボ

小豆島は醤油が有名です。数少ない国内で樽で製造されてる醤油のほとんどが小豆島にあるそうです。 醤油会席というコースでした。

小豆島の旅館・真里の料理の前菜

5種類の醤油を新鮮な魚介類と野菜で楽しめました!何食べても美味しい!!

小豆島の旅館・真里の料理のきき醤油

小豆島の旅館・真里の料理の海鮮

魚介うまーい!やっぱり魚介は新鮮じゃないとね~♥

小豆島の旅館・真里の料理の果実酒

夕食後に頂ける果実酒。割り方も指定ができますが、無料で頂けます!

小豆島の旅館・真里の料理の朝ごはん

こちらは朝ごはん!

一緒に行った友達は少し偏食なんですがこれ、苦手なはずなのに美味しい!!今まで食べてたやつはなんだったんだろう!! と何度も言いながら食べていましたw新鮮なものや、丁寧に料理されたものって本当に美味しいですね。

感動した小豆島の旅館

温泉も部屋に付いてるものと他に2種類の温泉があって、時間によっては予約なしで貸切にできます。(空いてたら入れる)室内だけでなく露天風呂もついていて素敵でした!露天風呂がちょっと暗すぎる所にあって、恐がりな私は早々にでてきましたが…w

友達は気に入りすぎて「1年に1回はここに毎年泊まりに来る!!」と宣言していました。私もいつか両親と姉にプレゼントしたいと思うので頑張って働きます!!

本当にお値段以上のおもてなしと雰囲気が味わえますので、小豆島に行くことがあれば是非行ってみてください!間違いありません!!

長くなったので、小豆島散策は後編へ~

SPONSORED LINK