コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

節約と趣味、相反するもの

趣味 趣味-宝塚
SPONSORED LINK

節約と趣味、相反するもの、節約ブログ、絵日記ブログ、貯金、アラサー、家計簿公開

節約と趣味、相反するもの、節約ブログ、絵日記ブログ、貯金、アラサー、家計簿公開

節約と趣味、相反するもの、節約ブログ、絵日記ブログ、貯金、アラサー、家計簿公開

節約と趣味、相反するもの、節約ブログ、絵日記ブログ、貯金、アラサー、家計簿公開

お金使っちゃう理由 

そうですオタクです。はまって数年程度のペーペーのヅカヲタです。

ヅカヲタの生態はこちらからどうぞ。


ZUCCA×ZUCA ヅッカヅカ/はるな檸檬 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ 

オタクはお金使いが荒い?

オタクはお金使いが荒いイメージですよね。節約を謳ってる書籍やブログでは一番に切り捨てられるのは趣味の費用ですよね。私は思春期からこじらせてるオタクなので、友達も自然とそういう人たちばかりです。周りを見ている限りでは

お金使いが荒いのではなく、どこにお金をかけてるかの違い

だと思います。

オタクじゃない女の子が、洋服や靴、バッグ、アクセサリーにコスメに美容院…そういう所にお金かけてるのと同じように、オタクの女子たちは自分の好きな作品の関連グッズ、書籍、DVDBOX、関連イベント(参加費、交通費、滞在費)につぎ込んでいますが、そういうおしゃれの部分は普段は倹約している子が多いように思います。

 

「いい年して、安い服ばかり着ている」というのとも違います。

 

普段は買わないけれど、オフ会など友達と会う時やイベント、ライブの時に合せて美容院に行ったり、服を買い、他のタイミングでは買ったりしません。その時だけ買うというようにしているので、普段から必要以上に買ったりしてない子が多い気がします。

 

浪費家だった私が言うのも説得力がありませんが…私の周りは本当にちゃんとしてる人の方が多いです。趣味のお金は凄く使っちゃうけれど、他は堅実的。それどころか親に仕送りまでできている人(一人暮らし)、しっかり子どもを育てながら楽しんでいる人、使う分稼いでるという猛者も!(あくまで客観的な勝手な想像ですが…人のお財布事情を想像してしまうゲスい行為♥)

 

宝塚観劇は意外とリーズナブル?

「宝塚好きなんですよ~」って言うと「えええ??すごいお金かかりそう!」とかなりの確率で言われます。私もハマるまでそう思っていました。でも宝塚の席ってグレードが色々分かれています。

 

SS席…12,000円

S席…8,300円

A席…5,500円

B席…3,500円

 

更に、当日買えるチケットもあります。

当日B席…2,000円

立見…2,500円

 

節約と趣味、相反するもの、節約ブログ、絵日記ブログ、貯金、アラサー、家計簿公開

なるべくルールは守っています。なるべく…。

月の予算を決めて、その枠に収まるように計算は一応してます…。愛が溢れちゃうのでよく収まってないけれど、収まらない月はおしゃれや本なんかのために置いてる費用を抑えるようにしています。

公演のスケジュールはかなり先まで決まっているので、ある程度は計画してお金貯めれたりもできます。

自分のお財布と相談して見ることができます。当日B席になると、映画を昼に見るのとそんなに変わらないですね。私がよくみるB席はさすがに2階席の後ろなのですが、全体が見渡しやすいので結構好きです♥もちろん、頑張ってSS席を買っちゃう時もあります…えへ…。でも高い席から売れていくので、チケット運が悪いおはぎはなかなか買えないないです…良いのやら悪いのやら…

 

高い席の抽選が落ちた時は神様からの「落ち着け」だと受け取っています。

 

私は関西に住んでいるので本拠地の宝塚まで電車で行けます。地方のオタクは東京との距離に悩むことがよくあるのですが、宝塚は本拠地が関西なので、とても楽しみやすいと思っています。

 

 本当に大好きなことなので、節約や貯金はしたくても、これをやめることはできません。だから、自分のお財布と相談しながら、計画的に楽しみたいと思っています。

 

 

【クリックお願いします♥】

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ  

 

www.ohg.jp

 

www.ohg.jp

 

SPONSORED LINK