コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

不妊治療しろって言われたもんで《心の大掃除4》

過去話
SPONSORED LINK

4私が結婚したのは21歳の時なので子供欲しい〜家欲しい〜まだ仕事も遊びもしたいから、子供はまだ欲しくない〜

2年後、姪が生まれる子供って苦手だけれど、血縁者だと結構かわいいな我が子ならもっとかわいいかな?

子供そろそろほしい〜そうか!やった!

この頃の私の妊娠への知識避妊しなければ出来るんじゃね?

そんな感じで変化なく1〜2年すぎる全然できないなぁ…それなりに色々調べて知識もついてきたそもそも体質とか治療の前に頻度が恐ろしく少ないせいでは…?月に1回あるかないか、しかも適当な時に(向こうの気分で)

悩みすぎて、不妊系のブログや本を色々読んだ実際治療しているという子とも交流があって色々聞いた女性側の負担でかすぎませんかこれ…

子供ができないねー…なのでもうちょっと協力的になってもらいたいのだが…

ふーん、じゃあ病院行って来なよ

え、いきなり病院?いとこが奥さんが病院行ったらすぐできたって言ってたぞ

この後めちゃくちゃブチ切れた

それ以来、私と元旦那の間で不妊治療の話題はNGになりました。

続くよ

 

単純に頻度が…というのがあったので、いきなり病院に頼るよりは、まずはお互いに努力したり生活改善したりというところから始めたかったのに、いきなり病院へ行けと言われて深く傷つきました。

そもそも私は元々子供がそんなに好きではなかったし、子供がいなければいないでいいと思っていたけれど、相手が望んでくれるなら頑張ろうと思っていたので急に丸投げされてびっくりしました。

当時読んだ不妊治療のコミックエッセイですが、お互いに労ってる印象のある作者夫婦ですら非常に大変そうでした。不妊治療はお金もメンタルも削られていきます。私はそこまで強い意思があって子供が欲しいわけでもないし、この人はサポートしてくれそうにないなと思い、無理!!となりました。

私は他の体調不良の兼ね合いでこの頃子宮を検査したことがあったのですが、同時に妊娠を望んでいるけれどもなかなか出来ないことを相談したら、問題はなさそうと言われました。なので、元旦那も検査をいつまでにするという期限をつけて約束してくれたことはあったのですが(自分で不安に思ってることがあると言っていたので)結局それもしれっとスルーされました。人にはさっさと病院行ってこいというのに非常に腹立たしく思いました。

この出来事から色々考えも拗らせて本格的に子供が嫌いになりました。一時期は姪でも近くにいるのがすごく嫌な時期がありましたが(特に可愛がってはいないのですが、実家に帰ると珍しいからすごい寄ってくる)姪たちならまぁかわいいかな〜というレベルにまで復活しましたが、今だに子供は苦手だし、自分が子供を持つことに前向きに考えられません。

「産んだら変わるよ」って言われても、産む予定がとりあえず無いので分からないです。今でも「治療してまでは無理に作るつもりなない」と考えていますが、今はまだ独身なので将来的には変わるかもしれません。

とりあえずぼんやりと高齢出産は嫌だな〜ということだけうっすら考えてます。

 

 

 

【関連記事】

www.ohg.jp

www.ohg.jp

www.ohg.jp

 

SPONSORED LINK