コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

ブログの写真は「おいしそう」な方がいい

ブログ ブログ-ブログ運営
SPONSORED LINK

旅行の時の撮影はデジカメを使っています。スマホのバッテリー切れると困るしね

撮影は楽だけれども、帰ってきてからの加工がめんどくさい

私は簡単に写真をおいしく加工してくれるサイトを使っています

おいしそうな写真の条件って食べ物以外の写真でもいいんじゃない?

ブログの印象は写真に左右されるから、一手間かけた方が絶対いいよ!

ブログの写真ってとっても大事!

今回はデジカメなどで撮影した画像をブログにアップする時の場合のお話です。

スマホはアプリでも使ってたらいいよ!!!

ブログの写真がブログのイメージを作ってしまうといってもいい程、写真が人に与える印象や情報はとても大きなものです。ちょっとした撮影をした時や旅行の写真を取ってきた時、もう一手間かけた写真にしたいな~って思いませんか?私は使ってるカメラがそこまで高性能ではないので、取ったままの写真には物足りなさがあります。

私が使ってる1万円で買えるデジカメ

Canon デジタルカメラ IXY150 シルバー 光学8倍ズーム IXY150(SL)

Canon デジタルカメラ IXY150 シルバー 光学8倍ズーム IXY150(SL)

 

軽いし、手のひらに収まるし、画質もまあそこそこ。手のひらに持ったまま散策するのにとても気に入っています。夜景やマクロはどうしてもiPhone頼りになりますが…。さっと風景撮る分には大満足です。

小豆島行くのに合わせて購入しました。それ以降、おでかけの記事の写真はだいたいこいつでとっています。

【香川・小豆島】素敵な旅館満喫と、島を観光をしてきた(前半) - コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ブラウザ上で編集OK!

Photoshopがあれば写真編集がなんでもできるので、無料ツールとか興味なかったんですが、今はレタッチできるソフトがパソコンに何も入ってないのでちょっと調べてみたら、今はブラウザ上でもいろいろできるソフトが取り揃っているんですね…こりゃ驚きだねぇ!

簡単に写真加工や画像編集ができるツール6選!資料作成などにおすすめ | 株式会社LIG

高機能はめんどくさい?

でも正直、写真の加工が何かというのをわかってない方にここまでの高性能なものは必要ないというか、どこをどういじれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?私も家の低スペックパソコンでここまで1枚1枚編集するのもちょっと作業量的にも苦痛なのであまりやりたくないです

私の愛用ツール

そこで私がおすすめしたい画像編集のサイトはこちら。

超!美味しく変換 - 料理の写真をおいしそうにするよ♪

「超!美味しく変換 」がおすすめの理由

  • 操作が簡単
  • 一律の編集結果
  • ポイントを抑えた加工 

操作が簡単

ブラウザ上でファイルを選択し、「UPLOAD」のボタンを押すだけ!なにも設定なしに写真をおいしそうに修正してくれます。変更後の写真をダウンロードすればOK!

一律の編集結果

連続した写真をブログに使う時、あまり加工の具合が違っているのはとてもかっこ悪いです。どれも同じように補正してくれるので、色味が揃った写真が用意できます。

ポイントを抑えた加工

おいしそうな写真とは、暖色系の明るい色合いでコントラスト強めの写真だと思います。料理の写真でなくても、ここ抑えていたらだいたいの写真は不思議とそれなりの見栄えがしてくれます。

実際に使用した例

先日の徳川ミュージアムの記事の写真もこのサイトを利用しています

燭台切光忠を見に徳川ミュージアムまで行ってきたよ - コミックエッセイ-モノクロ家計簿

元の写真との対比です。

写真Befor/After

黒くてぼんやりしていた水戸黄門御一行の像も明るくなりコントラストがついたので、細かいところまでわかるようになりましたね。多少黄色くなりすぎてる感もありますが、何枚も同じ写真を一律で補正してくれるので、私は満足しています。

行楽シーズン直前!おいしそうな写真で思い出を綴ろう

シルバーウィーク直前ですね。連休に思い出をたくさん作ろうと計画中の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?折角ブログをやっているなら、思い出は写真だけでなく、その時の気持ちも一緒に書き込めるブログで残せば臨場感も一緒に保存できます。また、出かけた先の情報を公開することによって、その場所を知らなかった人は「行ってみたい!」と思ったり、元々行きたいと思っていた人にとっては実際行った人の生の声というのはとてもありがたいものです。おでかけした記事は思い出を楽しく残しつつ、人の役に立つ記事になるのではないでしょうか?その素敵な思い出を残すのに、おいしそうな写真を使ってみてくださいね。

Twitterあります facebookあります 自己紹介です

SPONSORED LINK