コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

なら燈花会2015年の様子

おでかけ おでかけ-奈良
SPONSORED LINK

毎年今の時期、彼が忙しいので、あまり出かけません。なら燈花会に行ってみたいけれど、一人で行くのも味気ないしな…

こんな時期に仕事の関係でなら燈花会のボランティアに行くことになった彼。お疲れ様です

なら燈花会に行ってきました

いつもはこの時期は彼は仕事の関係で家でもひいひい言っているので引きこもっているので、なら燈花会も近所でやっているのを知っていたけれども、行く機会がありませんでした。今年は彼の仕事の関係で燈花会のボランティアをすることに…可哀想と思いつつも「やったね!燈花会行けるね!!」という気持ち8割でウキウキで出かけてきました。全部は回りきれませんでしたが、私が回ってきた範囲をご紹介します。

iPhoneでは限界があったので、あんまりきれいに撮影できなかったので、きれいな写真は公式サイトからみてください…

なら燈花会とは

NPOなら燈花会 公式サイト

1999年に誕生した『なら燈花会』。古都奈良にろうそくの灯りがとけ込み、 人々の心にさまざまな感動を与えてきました。夏のたった10日間だけ、 広大な奈良の緑と歴史の中にろうそくの花が咲きます。 『燈花』とは、灯心の先にできる花の形のかたまり。 これができると縁起が良いと言われています。 『なら燈花会』を訪れた人々が幸せになりますように。 そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。

交通アクセス

東大寺~春日大社あたりに屋台がたくさん出ていたので、その辺りから回るのが良いかな~と思います。東大寺まではJR奈良駅、近鉄奈良駅からバスが出ています。どちらも「春日大社本殿行」に乗れば大丈夫です。

交通アクセス|NPOなら燈花会 公式サイト

オススメはJR奈良駅からですね。奈良駅でも燈花会はやっています。なんでか知らんけれど公式HPには情報なかったな~…その裏にあるなら100年会館でもちょこっとやってました。

なら燈花会のそれぞれの場所の様子

私が歩いてきた場所の範囲でご紹介します。

JR奈良駅前の様子

なら燈花会JR奈良駅前の様子

春日大社の式年造替のモニュメント

春日大社の式年造替のこれは今年からずっと立ってます。

も一個オススメなポイントが、JR奈良駅にはイオン系列のスーパーくっついてるんですよね…暑いですし歩きますから、ここで飲み物調達するのがオススメ~。近鉄だとコンビニばっかりなのでね! 

【関連記事】

【奈良】春日大社の国宝御本殿特別公開に行ってきました - 《コミックエッセイ》モノクロ家計簿

浮雲園地

なら燈花会の浮雲園地の様子

メイン会場っぽい。奥にスタバとか31とか有名店が出店していました。屋台のラインナップがあんまり~と思った方はこちらの方がいいかもです。

浮雲園地点灯後の様子

このあたりの灯は彼が頑張って点灯していました。

なら燈花会スタッフTシャツ

燈花会のスタッフTシャツ。

春日野園地

なら燈花会の春日野園地の様子

 東大寺の方も行きましたが、東大寺のあたりが屋台多くて、序盤の腹ペコたちはそっちに気が行き過ぎて撮影し忘れました…。東大寺出て春日大社に向かう方向あたりです。

春日野園地にあったぼんぼり。風鈴ついてた

風鈴がついたぼんぼりが本当に素敵!

興福寺

なら燈花会の興福寺の様子

このあたりはいつもライトアップされてていつも素敵なのですが、さらに幻想的さを増していました。

興福寺で雰囲気のある写真に挑戦

ちょっとそれっぽいの撮影してみたり

興福寺の階段。幻想的で素敵

猿沢池

なら燈花会の猿沢池の様子

一番写真が微妙ですが、一番オススメのスポットです!池にぐるりと配置されたろうそくの灯がすべて池に反射してとても美しかったです!こちらも普段からライトアップされていますが、やはり人工の光とまた違った優しい雰囲気が素敵でした。池の周りにはベンチがあったり、少し休める場所があるので、休憩取るのにもいいかもしれません。

至る所におかれたろうそく

公式ページの情報以外にも至る所で遊び心ある配置で置かれているろうそくたち

《追記》自治体の有志で同じ日に便乗して同じことをやっているようです。

本物の火の灯

夜になるとネオンや街頭がついているのが当たり前になっている中、火の光を見る機会というのは殆どありません。その優しい光に癒されて暑さも忘れて見入ってきました。

なら燈花会は8月14日(金)まで

お盆休みのお出かけにいかがでしょうか?

関連記事

www.ohg.jp

SPONSORED LINK