コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

ミニマリストの部屋の模様替え。宝塚スペースを手放しました

ミニマリスト ミニマリスト-実践
SPONSORED LINK

大好きな宝塚スペースを手放しました

以前にこちらの記事で紹介した私の部屋の一番好きな部分

断捨離で余ったスペースに大好きなものを贅沢に飾ろう 

 

こちらを考えた末に手放しました。私が何を取捨選択したか、またそれに至った経緯をご紹介したいと思います。

宝塚スペースはとても好評をいただきました

私自身も所有することが心地よいものを手放したくなありません

しかし、収納が私の服を減らすのにも限界が出てきました

そもそも整理整頓が苦手でこのスペースを維持できていません

収納と宝塚のスペースを天秤にかけて

今は収納をとることにしました

宝塚のグッズはまたいつか飾れたらいいなと思います

ミニマリストの模様替えは簡単 

所有することが心地いい物は手放さない

部屋の整理や断捨離について相談を受けたりTwitterやブログでよく見かける悩みで「趣味のものをどうしても捨てれない…どうしよう…」というのを見ます。そういう人には相談受けた時はいつも「自分が大事って思ってるなら捨てなくていいよ」とアドバイスしています。生活に必要と思ったものも積極的に取り入れています。 

物を減らすことが目的ではなく、快適に生活するため、生活の中の煩わしいことを最小限にするために、本当に大事にしたいことに集中するための取捨選択です。

憧れだったコレクションスペースが苦痛に…

たくさんのコレクションを以前は所有していました。そういうのが好きな人から見ると少ない方ではあったかもしれませんが、大事にしていた本や食玩に人形、大好きなアーティストの関連グッズ…。それらを素敵に飾っている人の画像を見てると、いつもいいな〜と思っていましたが、片付けが苦手だった私にはそんな余分なスペースがありませんでした。なのでスペースが空いた時はまっ先に好きなものを飾ろうとウキウキと並べたり貼ったりしました。並べていた様子がコチラ

宝塚スペース朝夏まなと

 

飾るセンスがないので、ただ並べるしかできませんでしたが、それでも「おおぉ!」と言ってもらえるのがちょっと嬉しかったです。朝夏まなと様だらけ!

このスペースに飾りたいものは日々増えていきます。私は宝塚には月に1度は行っています。その度にちょこちょこ増えたり、本屋で雑誌を買ったり、宝塚以外のものも少し増えたり…

宝塚スペース整理できてない時

整理できてない時はこんな感じ。すぐこの状態になってしまいました。やはり私は整理整頓が苦手なようです。折角お気に入りのスペースがあるのに、キレイに保てていないことに、とてもストレスを感じていました。

収納が足らなくなってきた

最初の頃は一人で住んでいた物件なので収納は余るほどありました。しかし彼が本格的に腰を据えて住むようになって始めての冬です。冬物はとても場所をとります。それに加えて少しずつ増えてきた彼の服や物…家族が増える嬉しい喜びでもありましたが、やはり収納スペースの確保は難しいものでした。新しく収納家具を買いたくないという私のわがままもありましたので、収納の確保のために私のものを捨てていました。しかし、それも限界が来て、なおも増え続けています。

グッズを片付けたら、ここにしまえるな〜そもそもグッズをきちんと整理できてないしな

そういう思いの方が次第に強くなっていきました。

ひとまず、片付けてみた

やはり、今は宝塚のスペースを作るよりも日々快適に過ごせる方が良い!と思いたち、グッズを片付けることにしました。

がらーんとした押し入れ

 全部グッズを取っ払った状態。グッズはまたいつか飾れる日が来るといいなと思い、別の場所に大事にしまいました。

生活の環境は日々変わっていくものです。その時々で自分に心地よい選択をしていけばいい。どうしても宝塚のスペースがないのが嫌なら、また片付け直せばいいやくらいの気持ちで一度宝塚スペースを手放してみることにしました。

この状態では収納できないので、2つ程、収納の補助になるものを購入しました。

収納器具を配置

購入したのはこちらです。

 

 ハンガーラックは組み立て式でしたが、一人でも簡単に組み断たれました。※ドライバーが必要です。バスケットは、まだ洗濯しない服やパジャマを入れる用に買いました。ハンガーラックが押し入れに入らなくて最初は焦りましたが、サイズの調節が可能なタイプだったのでギリギリ大丈夫でした。

みなさんも、押し入れのハンガーラックを買う時は、押し入れの中身を採寸するのではなくて、入り口を採寸しましょうね…。

収納してみた

収納してみました。服の裏にはカバンやトイレットペーパー等を置いています。以前はクローゼットの下の所に置いていたので、クローゼットもすっきりしていませんでした。

クローゼットもすっきり

こちらもすっきり! 

以前はもっとみっちりと服をかけていたのですが、余裕を持ってかけることができるようになりました。朝の忙しい時間に、サッとシャツやスーツを取り出せるようになったと彼に喜んでもらいました。

ミニマリストの模様替えは簡単!

以前の物が多かった頃は片付けだけでも1日仕事、模様替えなんて連休が潰れていました。しかし、今回の模様替えはハンガーラックの組み立てを入れても2時間程度で終わりました。ついでにいくつか断捨離もして、さらにすっきり!

家は「家族にとって」心地よい空間であるべき

今回の収納が少ない面では、彼にも不便を強いていました。心地よい物の量を探していく時に「私が心地よい量」ではダメだなと改めて感じました。一緒に生活し、毎日顔を合わす家族が心地よいと思ってもらえる家でないと一緒に住んでいる意味がありません。一緒に寄り添い、助け合いながら生活している家族のことも考えながら、これからも持ち物の取捨選択をしていきたいと思います。

関連記事

減らすばかりがミニマリストじゃない 

趣味を断捨離しました 

宝塚に行ってみませんか? 

SPONSORED LINK