コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

ミニマリストは運気アップ!?断捨離のメリットと掴んだ理想のお部屋と人生

ミニマリスト ミニマリスト-そうじ・片付け
SPONSORED LINK

運気ってみなさん気にされていますか?

私は前から風水や占いは人並み程度には好きではありましたが、離婚直後に生活が親の援助なしでは回ってなかった頃、藁をもすがる気持ちで運気上がらないかな〜といろいろ実践していた時期がありました。ミニマリストを目指して断捨離を取り組んでいったおかげで生活の質が向上していったなと実感をしていますが、どう考えても「あれ?なんか運よくなった??」としか思えない事が数々起こっています。片付けると運気があがるなんていう話はずっと「うっそだ〜」と思っていたけれど、自分に起こったのだから、もう信じるしかないですよね。

※全て私に実際起きた経験ですが我ながら眉唾エピソードやな…と思うので、ネットに転がってるいち体験談程度にどうぞ

まず、悪いことから起こる

断捨離を始めたばかりのころ、どえらい風邪をひきました

仕事も忙しく休むことはできませんでした

断捨離を始めたばかりのころ、捨てるのが快感になっている時になんでもかんでも捨てていました。住んでいた建物のゴミ収集がビニール袋にさえ入っていればなんでも持って行ってくれる業者だったのでめちゃくちゃ捗りました。

大物をごっそり捨てた後に急に熱が出たのと仕事が急に激務に!!

発熱でふらふらしながら仕事をして、家に帰った後も現場からの電話がかかってきたのをぼんやりと覚えています・

忙しさで買い物に行く気力も食欲もなくて、2〜3日くらいは、たまたま冷蔵庫にあったライ麦ブレッドとクリームチーズで生きていました。栄養あるんだかないんだか…

あれ?なんか仕事落ち着いた?

断捨離して起こる「毒出し」

実はこれ、掃除板等でよく言われている断捨離をしていると起こる「毒出し」という現象だそうです。部屋の悪いものをどんどん断捨離してくと、最初の頃は部屋だけでなく体にも変化があり、それまでせき止めていた悪いものが一気に出て行こうとするので、熱を出して寝込んだり、体調が悪くなったりということが起こるそうです。いい化粧品を使うと逆に最初は悪いものを出そうとしてくれるから吹出物が出るのと同じような感じでしょうね。うそーんと思われるかもしれませんが、本当に特に思い当たることもなく、突然熱がパーン!!と上がったんですよね…。同時に仕事が本当に休めなくて仕事に殺されるかもしれないと一瞬思いました。

それだけ追われていた仕事ですが、体調が落ち着いた頃、同時にぎちぎちだった仕事も落ち着いていきました。

あれも毒出しの一種だった?

コンドームとか入ってきたww斬新なDMかな?Twitter載せちゃおう!

あ、みんなに心配された…本当にあかんやつだった…

部屋にいたずらされるようになりました

当時は離婚直後で転がり込んだ1Kの部屋で一人暮らし。1回だけでもものすごい恐怖だったんですが(最初は斬新なDMだと思ってた)コンドームだけでも2〜3回。ドアの前にCDやよくわからな雑貨を置かれてたり(角部屋だったので落し物ではない。ドアの前にぴっちり並べて置いてた)自転車盗られたり、最後は女性ものの下着が置いてあったので限界がきたので飛び出しました。

一応全部、警察に届け出ました。物件の管理会社は何もしてくれないし、連絡もたらい回しで最悪でした。警察も私に何か起こった時じゃないと動いてくれませんでしたが、小さいものでも1回1回丁寧に対応していただいて、その度に巡回を増やしてくれたりと対応してくれました。(深夜に巡回しましたという通知が入ってた)記録が残ってるので何回目かの時には「こちらでその情報は共有してますので知ってますよ」という風に気にしてもらえてるんだというので、それだけでも少し精神的に安心できました。何かあった時のためにも小さいことでも警察に届けて記録を残していることが大事なんだそうです。精神的に警察に行くのもしんどいし、あまり小さいことだと相手にしてもらえないかもしれないと思わずに、もしもの時は警察に届け出した方がいいですよ。

さすがに女性向けのパンツを置かれた時は無理!と思って飛び出ました

じゃあ同棲する?と彼が言ってくれました

ばたばただけれど同棲が決まった

そんな感じでバタバタと同棲が決まりました。彼は私の住んでるところから、たまたまめちゃくちゃ近くに住んでいたのですが、これを機に同棲をしてくれました。最初は半同棲くらいから徐々にといった感じではありましたが。引っ越して落ち着いた頃に

気づいたら理想の部屋に住んでいました

気づいたら理想の部屋に住んでた!?

思えば離婚直後に転がり込んだ1Kの物件は「職場に近くて安ければ、どこでもいい!」というので選んだ物件。今冷静に考えると女性一人で住むには少し危ない場所の古びたボロアパートでした。離婚直後でいろんな感覚が麻痺している時だったので住めたんだろうなと思います。今もたまにその物件の前を通ると「よくこんなところに住んでいたな〜」と自分でしみじみ思います。

そういった一連の騒動も自分で気付かなかった

「悪いもの」を排出するための毒出しの一環

だったのではないかなと思っています。

何も考えずに入れた部屋に入ったといった感じだったのですが、気づいたら理想の部屋に住んでいました。細かいところを上げるときりがありませんが、ずっと一人暮らしが精神的にきつかったので同棲してくれたのはとてもありがたいですし、2人で住むなら2LDKがいいな〜と勝手に思っていたし、車を持ってない私は駅が近い方が色々と助かるので、その条件が全て揃った物件でした。

ただ、それは引っ越した当時の理想の物件だったので、今はもう少し家賃安くて良いところに…という欲が出てきています。欲がでる程度には生活に余裕ができたんだなとも思っています。

人生のどん底から

離婚直後は苦しいことから解放されたという気持ちもありましたが、以前にもちらっと書いたように無理やり持っていた持ち物の8割は手放しました。結果それが良かったことにつながっていますが、当時は本当に悲しかったです。お金もなく、物もなく、仕事がぎちぎちで時間もなく…。そんなどん底を味わいました。

いたずらで前のマンションから飛び出したのがまだ1年半前。今は仕事はまあそこそこ、好きなことで副業もでき、お金にも以前より余裕を感じ、何より大好きでとてもくつろげる部屋に住んでいます。断捨離を始めて、ミニマリストを目指すようになって楽しいことが増えました。情報や作品を発信する側の人間になりたいという夢も少し叶いました。これからもいろんな目標がどんどん叶っていきそうな見通しや予感がしています。つい1年半前の前の物件に住んでいた私には全く想像できなかった現状です。どう考えても、そうやっていろんな良いことや人生のチャンスが来たのは断捨離を始めてからでした。

断捨離してからのサクセスストーリー

以上が私の断捨離を通して体験したサクセスストーリーです。地方のOLの人生の中では離婚のどん底から大逆転してるのではないかな〜と思っています。これからも掃除のパワーを信じてもっと人生好転させてサクセスストーリーをもっともっと上書きしていきたいです。そういった体験や方向をブログにどんどん載せて、以前の私のように悩んで困っている人の人生を少しでも好転されるきっかけになってくれればとても嬉しいです。

これらの体験を書籍にまとめさせていただきました。もっと断捨離の良さ、物を減らした生活のメリットを知りたい方にオススメです。

 

【関連記事】

www.ohg.jp

www.ohg.jp 

www.ohg.jp

 

SPONSORED LINK