コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

減らすばかりがミニマリストじゃない

ミニマリスト ミニマリスト-考え方
SPONSORED LINK

物を減らしたいけれど、快適な生活も送りたい

彼はお茶が好きだけれど、うちにはマグカップしかありません。急須や湯呑欲しいね~

ゴールデンウィークに帰省して母に相談したら、急須も湯呑もたくさんあるから好きなだけ持って帰って!と言われました。2人分で結構です


どれもこれも立派だね。ばーちゃんがずっと置いてたやつやしね

彼もとても気に入ってくれました。持って帰るのが大変だったから嬉しい

最近はこれを使って2人でお茶を飲む時間がお気に入りです。減らすばかりじゃなくて生活を豊かにしてくれるものは厳選しながらも積極的に取り入れたいです

てきとーに買ったものでは使う気が起きない

一応、家には湯呑や茶卓もあったんですが、百均で適当にかったものでした。そんなに使うこともなく、早々と断捨離候補に入っていましたが、彼がお茶が大好きなので、代りになる気に入ったものがあったらな…とずっと探していました。

母に相談したら、くい気味で「持って帰って!!」と言われたけれど、いいのがあったらね~ってテンションだったんですが、思ったより素敵な、しかもしっかりした良いものが多かったです。和なものの方が落ち着いていいな~と思ってたので丁度良かったです。

実家から持って帰った急須と湯呑で、ほぼ毎日一緒にお茶を飲むようになりました。きちんとした道具で丁寧にお茶を飲む時間というのはとても贅沢ですね。最近ちょっと疲れていたのですが、この時間があったので頑張れたようにも思います。

減らすばかりがミニマリストじゃない

減らすことこそミニマリストなのだと思ってたい時期もありますが、いろんな方のブログやTwitterででも交流してくれる人たちのお話を聞いていると、そうでもないなと思いました。減らす事が目的ではなく、

大事なことをより大事にするためどうすれば良いのか

というのが一番大事な気がしています。その為に物を厳選するというのが1つの手段で、大事にしたいものにより全力投球するために細々とした要らないものを排除する…といった感じでしょうか。まだまだ勉強し考えを掘り下げないといけないな~と日々思っています。

終活を少し意識しました

たくさんありすぎた湯呑や急須のセットは亡くなった祖母が遺したものらしいのです。全て貰い物らしいのですが捨てるにしても、もったいないと保管していたそうです。湯呑・急須・茶卓…いったい何セットあるの~!!ってくらい!!親戚全員集まったってこんなに使わないよぉ…。

晩年は病気を患っていたので自分での処分は難しかっただろうから仕方ないけれども、遺された方にしてみたら使わないものをたくさん遺されても困りものですね。自分の時はどうすれば良いのだろうと少し考える機会にもなりました。まぁ私には財産として遺したいものも持ってないので全部良い頃合いで処分なのが一番良さそうですね。逆に今はまだ、そういう財産になるようなものに出会えたらいいなと思っています。

実家からもらってきたものがこちら

貰ってきた急須や湯呑

色合いと急須の取っ手の部分がとても気に入っています。茶卓もなんかすごいしっかりしたもので、安定感があっていい感じです!

漆塗りのお盆

一緒に小さ目のお盆ももらいました。お茶を運ぶ時に使ってますがその他にもわりと細々使うので貰ってきて本当に良かったです。箱に「漆」って書いてたのでちゃんとしたものっぽいです。魚がかわいいw

とっくりがある?

しれっと持って帰ってるとっくりとおちょこはどうするん?家飲みやめるゆーてたやん

ぽんしゅブームが去らない…

やかんもてきとーなものしかないのと、よく麦茶冷やすのにふさがっているので、もう一つ必要かな~と思ってた、冷蔵庫に入るというフラットなやかんがありました。なにこれ欲しすぎる…!ちょっと検討したいです。

CBジャパン フラットケトルマシュマロ FKM-295 ブラウン

CBジャパン フラットケトルマシュマロ FKM-295 ブラウン

SPONSORED LINK