コミックエッセイ-モノクロ家計簿

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックエッセイ-モノクロ家計簿

ミニマリストのコミックエッセイ。物と丁寧に付き合いながらミニマリストを目指している様子をコミックエッセイで綴っています。お出かけ・ダイエット・趣味の話も

本のコレクションを辞めてみる

ミニマリスト ミニマリスト-断捨離
SPONSORED LINK

本のコレクションを辞めてみる画像1枚目

本のコレクションを辞めてみる画像2枚目

本のコレクションを辞めてみる画像3枚目

本のコレクションを辞めてみる画像4枚目

本のコレクションを辞めてみる画像5枚目

本のコレクションを辞めてみる画像6枚目

本のコレクションを辞めてみる画像7枚目

小学生の時からの大事なコレクション

姉や兄も漫画が好きだったので、小さい頃から漫画やゲームがある家庭でした。私ももちろん気づいたら大好きになっていて、初めて買った漫画の事もはっきり覚えています。

 

 

エニックス系が多かったなぁ…。素直にりぼんとかなかよし読んでればよかったのにね!!みんながそんなの読んでた頃はガンガン買ってたよ!!

 

学生の頃はお小遣い調達のために売ったりもしましたが、大人になってから離婚するまでに買ったものは全部手元に持っていました。本や漫画の人生への影響は身を持って体験しています。良い面、悪い面共にありますが、辛かった時に助けられたり、心のよりどころになってくれているものでもあったし、単純に自分の好きなものを子供にも興味持ってもらえたら嬉しいな~という気持ちがありました。

 

 離婚のごたごたで全部手放してから、断捨離やミニマリストに憧れる側面以外ででも考え方が変わりました。将来子どもを持てるかどうかはわかりませんが、とりあえず持つという前提を置くとするなら

まっさらな状態の子どもに自分の好きなものを見聞きさせるのって

親の好きなものを押し付けるエゴだな!

と思うようになりました。本当に本人が興味持つならほっといても興味をもつだろうし、その方が自然でよいなぁと思いました。今では「本はここの収まるだけ!」と決めています。

 

図書館は自分のスタイルに合わせて

本の話題になると、図書館を利用されている方の記事をよくみかけます。

 

minimote.hateblo.jp

megumini.hatenadiary.jp

 

この方法も試そうとした時期もあったので、図書館にしばらく通うようにしていましたが、自分が

お金払った!という実感がないと読む気が起きない!!

ということに気づきました。別に読まなくても無料だしな~という緊張感の無さが敗因だったかと思います。そういう風に実感してからは

本当にこの本の情報をお金払ってまで読みたい?

と自問自答してから買うようになりました。以前のように表紙が気になったら無作為に買うことはしなくなり、節約にも繋がりました。上の理由でファッション誌は買わなくなりました。うんまー…ファッション誌読んだからっておしゃれになれるわけじゃないし、モデルさんが別次元の人すぎて正直リアルな参考にはならないよね…。直接ショップ行ってあれこて見て自分に鏡で合わす方が早いと思います。シーズンのトレンドの情報はみんな大好きNAVERまとめで仕入れています。

 

似たような理由で、古本ではあまり本を買いません。漫画はいいのですが、勉強したいジャンルのものはなるべく本屋で、それも出版されたのが半年前後のものに絞っています。

情報には鮮度があります。古い情報を仕入れても意味がありません。

そうやって条件を絞ることで、無駄に買いすぎることも抑えるようにしています。

 

娯楽としての読書

漫画の場合は丁度読みたいものが彼と一緒のことが多いです。彼は漫画を買うのが大好きなので甘えてお借りしています。その他どうしても読みたいものはGEOとかでレンタルしていますが、年々そこまで読みたいという漫画も減ってきました。

「漫画を読みたい」というか「漫画に夢中になってたあの頃の感じを思い出したい」というノスタルジーが半分入ってきてる気がします…。

まぁ、今は漫画よりも夢中になってるものがあるので…w

www.ohg.jp

学びとしての読書

 最近は月に1~2冊程度、自己啓発系かマネー系の本を買うようにしています。一時はここにダイエット系も加わって、1ヵ月の本代が結構な額になってしまったので、現在はちょっと反省中です。漫画よりもアタリハズレがでかいなぁ~と感じてはいますが、書店に平積みで置かれ、自分が買ってみようと思う程度には惹かれたものならば、一読してみるには十分価値はあるかなと思っています。読み終わったら、どうせ1回しか読まない事が多いのでサクサクと古本屋に出しています。家で死蔵させていては本が可哀想だから、次に行く宛てがある子はどんどん外に出した方がいいと思いますし

本当に所有すべきは本ではなく知識

そして知識は実践し、身について初めて自分の財産となります。

ただ本を所有することに満足するだけの読書は辞めようと思います。

 

 

SPONSORED LINK